2013年01月31日

自叙伝書写会

 幸福は必ず相対的な関係においてのみ成立します。生涯を声楽家として生きてきた人が、無人島に行って声が嗄(か)れるほど歌を歌ったとしても、聞いてくれる人がいなければ幸福になることはできません。私がある相対のために存在しているという事実を悟ることは、人生の尺度を変えるような一大事です。私の人生が私だけのものでなく、誰かのためのものであるとすれば、今までの生き方とは全く違う道を行かなければなりません。
(自叙伝p343)

 幸福は、人のために生きる人生の中にあります。自分のために歌を歌ってみても全然幸福ではないように、自分のためのことには喜びがありません。いくら小さくて、取るに足りないことでも、相手のために、人のためにするとき、幸福を感じるのです。幸福は、「為に生きる」人生を生きる時にこそ発見できるのです。
(自叙伝p343)


昨日は浅川勇男先生をお招きしての自叙伝書写会でした。

「幸福は人のために生きる人生の中にあります」というみ言の書写の回でしたが、午後には教会で自叙伝書写伝道の勉強会も行なってくださって、内容の濃い書写会と成りました。


syosya130130b.jpg


講話では、幸せとは誰かを喜ばせた時にいただく報酬であるという言葉が印象的でした。

また幸せになる二つのポイントとして
@ 人の為に顔を使う
A 人の為に口を使う
という観点でお話がありました。

人の為に顔を使うと言うのは笑顔の事であり、人の為に口を使うと言うのは言葉の事ですが、これらを細やかな配慮と共に上手に使う事が重要ですね。

自叙伝書写の普及に、さらに尽力したいと思いました。




ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 21:29| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

節目

私の所属する教会で清平大役事に参加して、帰国以来体調を崩している婦人がいて、インフルエンザと判明しました。

清平では元気だったそうですので、帰国途中のどこかで罹患したのかも知れません。

このところインフルエンザが猛威をふるっているので、充分に注意したいものですね。

この婦人にとって、今年は何かと体調を崩しやすい年周りだそうで、ご本人もそれを自覚していて、節分からは変わるだろうと言っていたそうです。

節分は季節の変わり目であり、旧暦においても昔から年の境目でもありましたから、個人の運気もまた節分を境目として移り変わるそうですが、どうせなら良い方に移り変わって欲しいものです。

それ故に新たに迎える年が良い年であるように、豆まきをしたり、イワシの頭やヒイラギなどを戸口に飾って魔除けをしようとするのですが、逆に福を呼び込もうとする風習はあってもあまり目につきません。

最近コンビニなどでもよくPRしている恵方巻きの行事なども、大阪の船場などのごく限られた地域で行なわれていたものですし、豆まきにしても鬼の退散にかなりのエネルギーを費やしていて、「福は内」という言葉は飾り程度にしか思えないですね。




Far East Amur adonis / Adonis ramosa / 福寿草(フクジュソウ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)



降りかかる魔を避けたり立ち切ることにエネルギーを費やしてしまって、福を呼び込む方には余力を残していないのか、あるいは魔を払いのける事さえできれば、福はおのずと生み出されてくるのかと考えると、おそらく前者でしょう。

古人も社会に満ちる魔の勢力を感じ、それを払いのける事に相当に投入していたのでしょうか。

また、善の勢力の脆弱さをも感じ取っていたのでしょうか。

翻って私たちの今の生活環境を考えると、清平ではもう4600億に及ぶ絶対善霊が生み出されていて、その加護の中で私たちは信仰生活をしています。

その絶対善霊も清平役事がなければ顕現しなかった存在ですから、この十数年の期間に善の勢力が格段に増え広がってきていると言えます。

大母様のみ言でも、原理的生活をすれば祝福家庭は福を受けるようになっていると言われていますので、そこにポイントを絞る事が「福は内」の実現に繋がるのでしょうね。







ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 17:19| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

本日の礼拝

本日は新しく就任された宋龍天総会長のインターネット礼拝でした。

徳野会長や鮮文大学の黃善祚総長のスピーチもあって、内容の凝縮された礼拝であり、基元節を前にして新しい出発をしようとする、天の大きな恩恵を感じました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


長女が成約断食を行なっていて、本日の夜の12時で完了予定です。

断食中に皮膚科に診療に行ったり、足つぼマッサージに行ったりしていましたが、足つぼマッサージのお店で、自分が断食中だと言ったところ、ダイエット中の所業だと思われたそうです。

一般の断食道場などでも数日間の断食は行なうそうで、ダイエット以外にも体調を整えたり、気の巡りを調整する目的で行なっているようですね。

そう言えば一時期、ミルク断食というのも話題になりました。

一日3食を新生児用の粉ミルクにするのですが、宿便が排泄されるのか、最初は必ずと言っていいほどに下痢が続くそうで、仕事をしながら行なうというわけにはいかないそうです。

いずれにしても、日頃口にしている食事を見つめなおす機会ではありますね。

断食明けには食事に対する感謝や喜びが、際立って心に刻み込まれます。

断食明けでなくても、いつもこのような感謝の思いで食事をいただくべしと、神様が教えてくださっているのでしょうね。







ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。