2013年02月15日

冷たい雨

今日の東京は昼過ぎから冷たい雨に成りました。

予報では雪かもしれないと言っていましたが、平野部では雪にはならなかったようです。

このところ東京でもうっすらと雪が積もる日がたまにありますが、朝起きて外に出た時に車の屋根に積っている雪や、自転車のかごに溜まっている雪や、鉢植えに積もっている雪を見て、夜半に降雪の有った事に気付く程度ですね。

雪国の方の生活から見れば降雪とは言い難い様な状況ですが、それでも交通機関に影響が少なからず出てくるのが東京らしいところでしょうか。

鉢植えに溜まっている雪を見ていると、まるで草木が寒そうに凍えているようにも思えますが、それでも解けゆく雪は草木にとっては恵みの雨と同じようなものでしょうね。

恵みの雨と言えば、通常4月5月の新芽の萌える頃を連想しますが、草木にしてみればいつどのような形であっても、天からいただく恵みには違いありません。

むしろ時や形に捉われず、天よりの恵みをあるがままに受け止める姿は、泰然としているようにも思えます。

悠久の時間の中で築かれてきた自然界の営みは、天との繋がりの深さを私たちに見せてくれているのでしょうか。

自然界の営みが継続されてきた歳月から見れば、人間の生命は瞬きの様な時間かもしれませんが、その限られた地上での生の故に、自然万物は私たちに対して、いつでも何処でもあらゆる局面で天との繋がりを見せ、教え諭しているのかも知れません。

あれこれと考えていると、かつてフォークシンガーとして名を馳せ、今はゴスペルシンガーとして活動しておられる、本田路津子さんの歌う聖歌を思い出しました。






生かされている生命に感謝ですね。





ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 21:40| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

レスリング騒動

国際オリンピック委員会(IOC)が2020年五輪の実施競技からレスリングを除外すると報じられて、マスコミでも話題になっています。

ワイドショーなどでも取り上げて、バックの外郭団体や国がロビー活動の本腰を入れていなかったからだと批判していますが、問題はそれだけであるとは思えません。

特に女子は日本人が金メダルを取りすぎてきたからだという説もありますが、一概にデマと思えないところがありますね。

参加する選手たちはスポーツマンシップに基づき正々堂々と闘っているのですが、その背後の団体や国は公平な思想と理念に基づいているとは言い難いようです。

それが最も顕著に表れているのがルールの改定で、かつて冬季オリンピックのノルディック複合競技で、ワールドカップにおいて通算19勝を成し遂げていた荻原健司氏を始めとする日本勢の圧倒的勝利に業を煮やして、ルールを改定してジャンプの得点の比率を下げたという事もありました。

今回はルールの改定以前に、その存続そのものが問われているのですが、オリンピック競技からレスリングが無くなった時点で、オリンピックでは無くなるように思うのは私だけではないでしょう。

今後の成り行きに関心が寄せられるところです。




Olympic Beach, Greece - view of Mount Olympus / cod_gabriel




スポーツに国境はないと言いますように、当事者には国境や文化の違いはあまり関係がないようですが、そこにそれぞれの利権や名誉欲や様々な堕落性が絡むと、どうしても自国の名誉や利益に意識が奪われるようです。

平和の祭典と言いながら、純粋に競技者の技量や鍛錬の成果を評価するという観点には、なかなか立てないのがオリンピックの現実ですが、むしろプロスポーツの方がその面では垣根なくワールドワイドに個人の技量が評価されるようですね。

真のお父様が提唱されたサッカーのピースキングカップのように、最初から世界平和という大前提としての目標・目的が厳然と定められていた方が、国家や民族の名誉・利益に偏らない観点を持たせるためには良いのかもしれません。

混迷した時に立ち返る原点を持つ事が何事にも大切だという事でしょうか。

オリンピックも平和の祭典としての原点を認識すべきでしょうし、相撲やレスリングなどは元来、神前に捧げる儀式の一翼である事を考えると、その競技そのものの伝統や格式などを含めた存在意義があると思うのです。

競技者が日頃から積み重ねた鍛錬の成果や技量を神様に捧げるという観点に立つと、オリンピックスポーツも一味違った味わいが出るのかもしれませんね。




ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

慶祝 第46回 天の父母様の日

第46回 天の父母様の日、天地人真の父母様 御聖誕日、天の父母様 王権即位式 第12周年及び第54回 真の父母の日、おめでとうございます。

天の父母様の日に合わせて、真の父母の日のお祝いまで重なるとは思いませんでした。

また、天一国国歌も新しく制定され、家庭盟誓や億万歳も一部修正され、基元節を目前にして様々な事が変わっていくようです。

午前0時の真のお母様の祈祷とメッセージは短めでしたが、午後8時からの記念式典の際の真のお母様のみ言は実に力強く堂々とされていたのが印象的でした。

まるで真のお父様が語っておられるかのような口調でもありましたね。

正に天の父母様と天地人真のご父母様が一体となられているのを、目の当たりに見せていただいたような気がしました。


20130210a.jpg




教会ではその後午前・午後・夜の3回に渡って基元節聖酒式を行ないますので、今日は様々な食口が入り乱れて出入りしていました。

それでも数年ぶりに顔を見せた食口も数名いて、厳粛な中にも和やかな雰囲気の聖酒式となったようです。

このような機会でなければなかなか会えない食口もいて、本当に感謝に満ちた一日でした。






ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 16:43| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。