2013年02月07日

寒梅

立春を過ぎて、寒い日と暖かい日が入れ替わり立ち替わりに訪れているようです。

昨日は東京も大雪の予想だったので、相当な装備で出勤しましたが、それほどに雪は降りませんでした。

それでも底冷えのする一日でしたが、家で一昨年相対者が祖母と撮った公園での冬景色の写真を見ていると、寒さの中に咲く寒梅の凛とした美しさが目に映りました。

今日の東京は少し暖かくて、風も温んでいます。

冬と春の境目の微妙な時期ですから、人間の身体にも微妙な影響があるようで、体調を崩しやすい時期でもありますね。

暖かくなってきたと思って、少しでも油断すると風邪気味になってしまう事もあります。

「冴え返る」という言葉がありますが、寒の戻りを少々文学的に表現した言葉でしょうか。

ひんやりとして頭が冴えると言う身体的な現象もありますが、加藤楸邨の句に

     冴えかへるもののひとつに夜の鼻

とありますように、五感の微妙な変化を感じ取る場合もあるようです。

また、大気が澄みきって眼に映るものが際立って鮮やかに見えると言う、視覚的な意味もあり、厳寒の澄みきった大気の中にあってこそ、寒梅の美しさも脳裏に刻まれるのだと思います。





/ titanium22




寒梅は、見た目の美しさのみならず、雪の中に咲くその風情に忍耐や不屈の努力という人生哲学を感じ取って表現される事も多く、私の母校、同志社大学の創立者である新島襄先生の漢詩にも、寒梅を自身の人生になぞらえた作品がありました。

  庭上の一寒梅 
  笑って風雪を侵(おか)して開く
  争わず 又 力(つと)めず
  自ずから 百花の魁(さきがけ)を占(し)む

この漢詩に由来するらしいのですが、同志社大学の室町キャンパスに、地域社会との交流の場として「寒梅館」が2004年に竣工されました。

映画の上映やコンサートにも利用され、フレンチレストランなどもあり、一般の方も利用できるそうで、私が通学していた頃にあれば良かったのにと思ってしまいます。

それにしても寒梅の風情には、信仰者の生活を彷彿とさせるところがありますね。

後に続くものの先駆けになる、その意志を心に刻み込みつつ冬景色を眺めると、先人の残した人生訓が伝わってくるようです。









ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

本日の礼拝

私が今行きたい所、私が少年時代にみ旨を知り、慟哭した場所が恋しいです。木を抱き、私の事情を理解してくれる人がいないと慟哭したその人が、その場所に行きました。行ってみると木もないし、全てなくなってしまいました。再びその姿のままに私が改築しなければなりません。改築をしなければなりません。改築できるあなたたちが私の後についてきて、百歳を超える老人の歩みに従い、若い人々が感謝の涙を流して動くことができてこそ、先生が解怨されることのできる祖国が蘇り始めるのです。蘇っていないのが、蘇り始めるというのです。
 私はその希望を見て行きますが、皆さんはその世界で生きることができます。分かりますか? いつ、何か月になるか分かりませんが、私は過ぎ去ってしまいます。私が生きた、生きてきたその世界を皆さんに任せ、先生の代わりに、青春の歳月を流してしまい、苦労したその生活の代わりに、福で皆さんの後代子孫の前に、美しく、私が息子・娘、子孫たちを残せなかったことを残すことができる先祖となるように願うだけです。ほかに望むことがありません。それが願いです。
 お金も必要なく、福も必要ないのです。お金があれば何をしますか? 福があれば何をしますか? 皆さんの子孫の前に残してあげるためのみ言の教本と教材が残っているのです。それを尋ね求めながら、そこに合うように、その言葉の前に、私が実に違いないと誇ることができれば、先生は皆さんの背後に、子孫の世界と共に生きるという、永遠に一緒に住んでいるということを・・・・・。
一緒に住みましょう。そのときは皆、会えば挨拶する世界になるでしょう。その世界にも一緒に行きましょう。どうですか? (「はい」)
行きますか、行きませんか? (一緒に行きます」)
         (トゥデイズワールド 天暦11月号より抜粋)


本日の礼拝の訓読のみ言です。

説教の中では改心と回心の違いを説明され、改心は心を改めるのみで留まり、再び元に戻る事もありますが、回心は人生の方向性を変える事であり、その後の生き方そのものが変わる事で、私たちは基元節を起点として回心しなければならないと教示して下さいました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


東京は昨日は20度を越える気温でしたが、今日は10度そこそこで、寒暖の差に身体が驚いています。

これから3月にかけて、気温の変動が大きい時期でもありますので、少し暖かくなったからと言って油断していると、たちまち風邪をひいてしまいそうです。

昨夜、清平40修に参加している次女からメールがあって、清平では昨日基元節聖酒による聖酒式が行なわれ、次女も参加して飲んだそうです。

40修生を対象としたものだったようですが、我が家で誰よりも早く聖酒を飲む事が出来た訳で、これもこの時期に40修に参加しているおかげなのでしょう。

私たちの聖酒式は次の日曜日以降になりそうですが、次の日曜日は天基四年の真の神の日でもありますので、悔い改めと新たなる決意を供えて臨む神聖な場と成りそうです。








ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村








posted by とら吉 at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。