2013年03月11日

本日の婦人礼拝

笑いの生活
最初が重要です。
毎日の生活で昨日はいくら気持ちの悪い事があっても、惨めな事があっても、次の朝起きる時は、必ず笑いながら起きるのです。これは宗教生活には欠かせない行為です。それが習慣になれば自然と良い顔立ちになります。渋い顔が途端に美男子の顔になります。鏡を見ながら訓練するのです。それからご飯を食べる時も、笑いながら食べるのです。そうすると神様は喜びの主体だから、神様に属する万物と一つになって喜ぶのです。1日3回朝と昼と夜で笑って、朝起きる時も笑う、そのような生活が習慣になれば、その人の顔を見れば、自然と深い考え、喜び溢れる印象の人になります。寝る時もそうです。その日にどんなに辛い事があっても、寝る時は笑いながら、「神様、いい夢を見せてください」と望みつつ床につくと、必ずいい夢を見せてくれます。次の日」成すべき事を夢の中で教えてくれるのです。そういう喜びの生活をしてゆけば、神様は喜ぶ人を見て喜ぶし、万物も喜ぶ人を見て喜ぶのだから、その人は必ず良い方向に向かっていきます。それが原理の観点です。
 今まであなた方、やってきましたか?今からでも始めましょう。朝起きて笑う、花が咲き、香りをふきかけるようにしながら、家庭でもお父さんお母さんだったら、子供たちの教育にとって一番良いことです。仕事で人に会う時もそうです。いい印象を与えるのです。伝道しているのに渋い顔をしていたら、出来ませんよ。何か内心から素晴らしい事が溢れるような円満な顔をして、今に希望を持って、未来に希望を持って、伝道するのです。三角や四角の顔の人でも、それはそれなりの美があるのですよ。わかりましたね。自分の中に違うものがあったら、それはサタンの好む要素だ。サタンの餌よ、さようなら。そういう生活をしましょう。わかりましたね。 
「伝道と世界的使命」 より(1976.10.5 米国ベルベディアにて)


本日の婦人礼拝の訓読のみ言です。

本日は婦人礼拝に777双の前川浩子夫人をお呼びしました。

婦人たちの心を少しでも解放してあげようと言う教会長様の配慮で、お呼びしてみ言をいただいたのですが、終始笑いを挟んで和やかであり、また心霊的にも復興するみ言でした。

特に上記の訓読のみ言のように、喜びの生活を訓練する中でそれが自然と身について、天運を呼び込むようになるという事ですね。

信仰歴も人生経験も長い大先輩ですから、語られる言葉の一つ一つに心情と経験の裏付けがあって、参加者の心にも深く染み入っていたようです。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

昨日のお昼は夏日でしたが、今日は一転して冬の気温になり、まるで気温がジェットコースターのように上下しています。

前日比で13~14度も気温が変化すると、さすがに身体がついていかないですね。

せっかく少しずつ伸びてきた我が家のヒヤシンスの芽も、今朝は凍りついているようにも見えました。

早く暖かくなって欲しいと言う草花の声が聞こえてくるようです。





ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村








posted by とら吉 at 19:51| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

本日の礼拝

本日は3月から新しくなった体制の下、新設された教区の発足記念礼拝でした。

新しく赴任して来られた地区長・教区長をお迎えして500名収容の会場で行ないましたが、立ち見で参加する方もおられて、大勢の方が参加していました。

これでまた参加者たちも、新しい出発をしっかりと意識出来るようになった事でしょう。

今後の霊的復興に向けて大いに盛り上げていきたいと思って居ます。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今日は一段と暖かくなり、昼過ぎには汗ばむほどの陽気でしたが、一転して砂埃で視界が悪くなってきました。

黄砂がここまで来たのかと思いましたが、黄砂ではなく煙霧という現象だそうで、寒冷前線の接近に伴って起きる空気の対流が原因で、地上の塵などが巻き上げられていたと言う事です。

その後若干気温が下がってきたのは寒冷前線の仕業なのですね。

三寒四温で気温が上下する事を実感するような数日で、明日以降は少し気温が下がるそうですが、北日本はまた局所的に猛吹雪になるそうで、まだまだ北国の春は遠いようです。

北国と言えば明日は3.11東日本大震災の2周年ですので、哀悼の意を捧げつつ天候をも見守りたいものだと思います。




CIMG0245.JPG / xtcbz





ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 15:29| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

春の風物

東京はこの数日で急に暖かくなってきました。

この時期ですから三寒四温でまた寒い日もあるのでしょうが、それでも春の兆しが感じられるのはありがたいですね。

街を歩いていると、梅の花が咲き誇っている情景につい足が停まってしまう事がありますが、植物は季節の移り変わりを如実に示しています。

開花の要因は主に気温で、朝夕の気温の差であるとか、日中の平均気温などでしょうか。

その微妙な変化を逃さずに成長を促進しているのですから、神様の創造の精緻さを改めて実感します。

また、その精緻な側面をあからさまに見せないところが、神様の創造の妙味とも言えるのでしょう。

季節は確実に春に向かって居ますね。





つくしっこ Horsetail / "KIUKO"




春になると東京でも河原や土手などでつくし(土筆)が見られます。

その愛らしい姿を見て、取り集める子供たちの姿が目に浮かびますが、その母体のスギナは防除困難種といわれる程に繁殖力が強く、春の生命力を思わせる植物でもあります。

地方ではあくとり等を施して食用にもするようですが、むしろその見た目が春の風物となっていますね。

以外にも生薬にも成るようで、利尿作用や花粉症への効用などがあるそうです。

どんな植物でも薬用成分があるというのも、やはり神様の創造の妙味というべきでしょうか。

またそれを見出す人間の努力や工夫にも頭が下がりますが、自然の中に包まれて、自然をいつも見つめていると、様々なインスピレーションが与えられてくるのでしょう。

自然に対峙する人間の姿勢如何によって、そこから得るものが変わってくる事もあり、正に自然は神様から与えられた訓練場と言えるのでしょうね。





ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。