2013年03月14日

清平40修の恩恵

三寒四温と言いながら、今年は目まぐるしく気温が変化する3月ですね。

昨日はまだ暖かいと思えば、今日はまた冬の寒さの逆戻りして、しかも強風で交通機関にもかなりの影響が出ました。

荒れる春という事でしょうか。

荒ぶる神という言葉もありますが、天が基元節以降の世界を見つめながら、大いに役事されようとしておられる気配とでも言えるのかも知れません。

昨日の午後は所用で車で出たのですが、郊外の道路を走っていると道路沿いの畑から、強風にあおられて砂塵がもうもうと立ち上がって、目の前の視界が見通せなくなる事が数度ありました。

穏やかな春の訪れにはまだ時間がかかるのでしょうね。



R0014148 / isinoid




清平40修に参加している次女から、今日のフライトで帰ってくる旨の連絡がありました。

大学の春休みを利用しての修錬会参加なのですが、いつから参加しても40日を全うすれば良いという事で、170回の40修に途中から参加して、3月2日からの171回40修の途中で帰ってくるという形になりました。

170回の40修は参加費を全額納めて、171回の40修は延泊の形で参加費を収めたようです。

学生の特典と言うか、学割の様なものですね。

役事チームでのカードの役割もうまくこなせたようです。

それぞれの役割に、それぞれの責任が罹っていますが、カードも間違えると全体の進行に支障をきたす事になり、最悪の場合、一旦ストップする事もあり得ます。

以前の40修で役事チームに入ってピアノの役割をしていた長女の話では、ベテランのスタッフであれば、カードが違っていても左右されないと言っていましたが、やはり影響は大きいでしょうね。

太鼓のリズムも役事全体のスピードを決定する重要な要素ですし、それぞれに任された責任は小さくありません。

その責務と精誠の故に、他の修錬生にも増して役事の恵みを受けるのでしょう。

多くの恵みに感謝して次女を迎えてあげたいと思っています。






ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村








posted by とら吉 at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。