2013年02月28日

自叙伝書写会

私は理念と宗教の違いゆえに相手を憎み、互いに敵となった国どうしの間に、平和の橋を架ける仕事に生涯を捧げました。
 イスラーム(イスラム教)とキリスト教が融和するように交流の場を設けたり、イラクをめぐって対立する米ソの意見を調整したり、北朝鮮と韓国の和解に尽力したりしました。
 名誉や金欲しさでしたのではありません。物心がついて以来、今に至るまでの私の人生のテーマはただ一つ、世界が一つになって平和に暮らすことです。他のことは眼中にありません。昼夜を問わず平和のために生きることは容易ではありませんが、ただひたすらその仕事をする時、私は幸福でした。                                      (自叙伝p16)

 私の願いは、世の中を幾重にも囲んできた塀と垣根をきれいさっぱり壊して、一つになる世の中をつくることです。宗教の塀を壊し、人種の垣根を取っ払い、富む者と貧しい者の格差を埋めた後、太古に神様がつくられた平和な世の中を復元するのです。
 飢えた人もなく涙を流す人もない世の中ということです。  (自叙伝p19)


本日の自叙伝書写会の訓読のみ言です。

「世界が一つになって平和に暮らす」という書写のみ言に関して、教会長様が講話をして下さいました。

より大きな事の為に生きると自分にも福が来るということもあって、人間は自分の生きていくテーマをより高く大きく策定すべきです。

私たちの日常生活の中で、世界が一つになって平和に暮らすと言う事を意識する事は、あまりないかもしれませんが、そこに関心を持つことで自分の生活と連結しましょう。

このような前置きと共に、幾多の逆境に遭いながらもより高邁なテーマを持って人生を生き抜いた方として、李方子様を取り上げながら講話をしていただきました。

自叙伝書写会も2巡目の終盤になりましたが、参加者の表情も当初に比べて、とても生き生きしてきたように感じます。



書写130228.jpg



今日の講話の中では物事に関心を持つことの必要性も話されました。

マザーテレサの「愛の反対は憎しみではなく無関心である」という言葉を引用され、高齢者も家族や社会から自分に対して、関心を持たれ無くなる事に不安と恐怖を感じているという話もありましたが、これは核家族化した現代社会の大きな課題でもあります。

高齢者のポジションが曖昧に成りつつある現代こそ、真のお父様のみ言にあるように、親子孫三代が神様に侍って暮らす家庭を理想家庭として目指すべきなのですね。

誰にでも老いは来ますが、周囲から関心を持たれ無くなってしまわない為にも、私たちはより高邁な理想に向かって生き、それを日頃から体現して周囲に良い影響を与えていくような生き方をすべきなのでしょう。

常に人に関心を持つ生き方を心がけ、また常に人から関心を持たれるような生き方を心がける、それこそが人間として本来有るべき姿なのでしょうね。










ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 15:03| 東京 ☀| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。