2013年03月04日

心模様

2月から清平40週に参加している次女から、久々にメールで連絡がありました。

役事チームでカードの練習をしていたのですが、3月2日からの171回清平40修では本番でカードを任され、無事にこなしているそうです。

人が少ないので朝夕の役事で任されているそうですが、3月14日まで清平に滞在して帰ってくる予定で、久し振りに会う時に少しでも成長している姿を期待しています。

昨日もブログに書きましたが、親子にしても、夫婦にしても、また上司と部下にしても、分かれと出会いをそれぞれの次元で繰り返しつつ、心の交流が深まるのでしょうね。

改めて考えてみれば40日間も外国に居るので、短期留学の様なものですから、本来の修錬としての内容は第一に取り組むべきですが、付随的に韓国語を習得してもらえればありがたいと思います。

また、40修にはウエスタンのメンバーも居て、フランス語を話す食口も居るので、フランス文学専攻の次女としてはここぞとばかりに話しかけてみたそうですが、ほとんど通じなかったそうで、ネイティブの発音に慣れる良い機会にもなるかもしれません。

様々な面で意味ある修錬会になりそうで、つい期待してしまうのは親の欲目というものでしょうか。




Ice Candle / onigiri-kun





大きな人事の影響で少し落ち着かない状況が続いていますが、今週中にはすべて落ち着いて新しい出発となりそうです。

出会いと別れに伴う心の動きは実に微妙で複雑ですね。

創造原理の正分合作用を思い浮かべると、物理的な形態の変化をまず思いつきますが、心情的な側面から考えると、一つに交わり交流していたものがしばらく距離を置いて、再び出会い交流するときに、神様を感じるほどに豊かな交流を成せるという事なのだと思います。

そしてその際にありがたいのは、分かれて距離をおいている段階において、時間の経過と共に記憶の余分な贅肉が削ぎ落されて、多少の痛みや苦しみも思い出の欠片になり、喜びの記憶が増幅されることでしょう。

真のお父様のみ言に、「過ぎてみればすべて愛であった」とありますように、人間の人生をより豊かなものにして下さろうとする神様の創造の妙味なのかも知れません。

そう考えると、人間創造の動機が愛そのものだと改めて感じました。






ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by とら吉 at 20:41| 東京 ☁| Comment(0) | 信仰的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。